英語を日本語に翻訳する時、上手にするためにはどうしたらいいのかを聞かれることがあります。私がタイ語を勉強している千葉の英会話教室の先生に相談したところ、どう翻訳したらよいかというのは人によって違うので一概には言えませんが、個人的には初めに日本語で考えないことをオススメしているそうです。

日本語に翻訳するのに矛盾している話ですが、まずは英語を英語で理解してほしいのです。他言語を仲介せず、純粋にその言語で理解することが先決です。こうする理由は、そのニュアンスを余すことなく詳細なところまでわかるようにするためです。例えば、英語にはある表現なのに日本語になかったら、それを訳した時にその意味だけ抜け落ちてしまって、伝えたいことが正確にはなりません。だからいきなり日本語に訳するのではなくて、一度しっかりその言語で意味をとらえてほしいのです。

それができたら、次にそのニュアンスを日本語でどのように表すかを考えます。私は語彙力が多い方ではないので、この作業は大変です。会話だったらオノマトペだったり擬音語だったり、ジェスチャーで表せられますけど、文章となるとそれが使えないからです。ここはいかに日本語力があるかだと思います。ニュアンスまで伝えようとすると、ついつい長々とした一文になってしまったりします。でも、短くまとめるとやっぱりニュアンスが抜け落ちてしまったりして難しいところになります。

だから、翻訳というのは2つの言語に精通している人が仕事にできるのだと思います。私は本格的な翻訳はやったことはなく、簡単なものを添削したりするだけです。答えもあるのでそこまで語彙力がなくても指示することはできるのですが、これを仕事としてやっていくには日本語力は不可欠でしょう。よく、英語が得意だから翻訳家になりたいと聞きますが、国語がダメならそれはやっぱり勉強せざるを得ないのです。語彙力検定なるものがあれば、それを受けて1級を目指すぐらいやらないと翻訳で食べていくのは大変なことだと思います。

PR|生命保険の選び方|ショッピングカート|マッサージのリアル口コミ.com|童話|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|心の童話|内職 アルバイト|オーディオ|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|JALカード|初値予想|