翻訳家にでもならない限り、私はTOEICや英検はオススメしません。何故なら、スピーキングとライティングが弱いからです。スピーキングとライティングが重要で、英会話語学学校がおすすめです。

日本人は常に英語においては受け身の教育を受けてきました。だから、リスニングとリーディングは得意です。それをふんだんに盛り込んだものが、上記のような試験です。日本人向けに作られたものであり、世界で採用されているものではありません。つまり、いくら良い点数や級をとったとしても、英語を喋れないという人はいるわけです。

能動的なスピーキングやライティングもテストしてくれるテストは、主に留学をするために必要とされるIELTSやTOEFLといったものです。最近では英検も一定の級以上はライティングを入れるようになりましたが、やっとのことでした。自分から発信することもできるようになるには、これらのテストの受験をオススメします。でないと、相手の言っていることはわかるけれど、自分の意思はいつまで経っても言えないという状況が続きます。